クレジットカードでお金を借りる方法と仕組み

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

クレジットカードでお金を借りれるのか?

お金を借りたい、それも今すぐという場合、銀行から借りる、消費者金融から借りるという方法が一般的です。それでもお金を貸している業者は他にもあって、クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りる方法もその1つです。

もともと「キャッシング」という言葉は、クレジットカードのキャッシング枠から生まれたと言われています。(キャッシング・ローン-クレジットカード:ウィキペディアより)

キャッシングは一括払いが基本という概念があるのも、クレジットカードの性質が反映されているのかも知れません。それでも通常、クレジットカードの使い道は?と言えば、「ショッピング代金の後払い」であるという認識を持っている人の方が多いかも知れません。

キャッシングならば、消費者金融での借入れの方がメジャーであると言えるでしょう。今回はクレジットカードのキャッシングと消費者金融のキャッシングでお金を借りるのでは、どちらが安いのか検証してみたいと思います。

お金を借りる機能のついたクレジットカード一覧表と金利・限度額一覧表

クレジットカードでお金を借りると言っても、キャッシング機能が付帯していないカードの場合は借りることができません。また、カードによって金利や借りることのできる限度額が異なってきます。以下の表は、日本でよく利用されている代表的なクレジットカードの名前と、金利、限度額をまとめたものです。あなたのお持ちのカードはどうですか?

メジャーなクレカの借入時のスペック表

クレジットカード一覧と金利限度額の表

クレジットカードのキャッシングについて

クレジットカードのキャッシングを利用することで、急な出費で困った時に審査なしでいつでも直ぐにお金を借りることができます。もちろん、キャッシング枠として設定されている金額の範囲内ということになりますが、コンビニATMからも自由にお金を借りることができるのです。

キャッシング枠について

キャッシング枠は、カード会社が会員に対して与えるキャッシング専用の利用可能額ということになります。もっともキャッシング枠はショッピング枠と別に設定されるものではなく、ショッピング枠の範囲内ということになっています。

具体的に言うと、たとえば60万円をショッピング枠として与えられていて、キャッシング枠では30万円と設定されている場合で説明します。
この時、ショッピングで50万円利用した場合、キャッシング枠が30万円であっても、実際にはあと10万円分しかキャッシングできないことになります。

これではクレジットカードの30万円というキャッシング枠をアテにしていた場合、困ってしまいますね。

この点から考えるならば、クレジットカードのキャッシング枠というのは、一種の「オマケ」的な位置にあると言えるようです。このことからも、クレジットカードのメインは、流行ショッピング枠であると言えます。

消費者金融のキャッシングとクレジットカードのキャッシングの違い

消費者金融のキャッシングは、当然のことながらキャッシングのみの機能となっています。30万円のキャッシング枠を与えられた場合には、キッチリと30万円までお金を借りることができます。

また消費者金融は入会する時に年会費が必要になることもありません。クレジットカードでは一部で高額な年会費が必要になる場合もあります。年会費は毎年必要になるので、これだけでもバカになりません。

クレジットカードでお金を借りる際の金利とは?

クレジットカードでお金を借りるにも当然金利がかかります。「手数料」とも呼ばれていますが、その利率は、100万円未満では18.0%、100万円以上では15.0%となっている場合が多いです。利息制限法により、100万円以上の借入れでは15.0%以下の金利になることが決められているので、このような金利設定となっているのでしょう。

消費者金融で借りる時の金利とは?

消費者金融の金利については、幅広い設定がされています。大手消費者金融の金利は、平均して4.5~18.0%となっています。100万円未満の借入れでは18.0%の金利がつきますが、100万円以上となると15.0%以下となり、その後借入れ枠が大きくなるに連れて更に低い金利となっていきます。場合によっては消費者金融やカードローンのキャッシングのほうがトクなケースも多いです。

クレジットカードと違って、消費者金融で借りるときには無利息期間がある場合アリ

消費者金融でお金を借りる場合、初めての借入れに限定される場合が多いですが、初めの30日間や1週間だけ無利息となるサービスがある会社があります。たった30日間?それほど変わらないんじゃないの?と言う方もいると思います。

それでも無利息期間内の利息を0円にすることで、その間の返済では元金に全額充当できるようになります。元金を少しだけ早く減らすことが可能になるので、無利息サービスがない場合と比べると、少しでも利息の合計額を安くすることができます。クレジットカードのキャッシング枠にはこのようなサービスのある会社はありません。

結論!お金借りるなら最終的にどっちが安い?~クレカVS消費者金融~

ココまでクレジットカードと消費者金融でお金を借りる方法=キャッシングを比較してきましたが、両者の違いをまとめると次のようになります。

《キャッシング枠》

  • クレジットカード:キャッシング枠は、「ショッピンング枠-ショッピング利用額」の残高となる
  • 消費者金融:利用限度額のうち100%が借入れ可能

《年会費》

クレジットカード:永年無料の場合もあるが、高額の会費が必要なカードもある

消費者金融:年会費は永年無料

《金利》

  • クレジットカード:15.0~18.0%と2段階設定となる場合が多い
  • 消費者金融:4.5~18.0%と幅が広く利用枠によって変動する

《無利息サービス》

  • クレジットカード:無利息サービスなし
  • 消費者金融:初めての利用を条件にいくつかの会社で実施している

以上のことから、クレジットカード、消費者金融では、消費者金融の方がコストや金利面において安いと言えるでしょう。またキャッシングについても借入限度額まで借入れが可能ということからも、クレジットカードよりも消費者金融の方が利用しやすいということも言えます。

このことからキャッシングならば、ショッピングの付属品としてついているクレジットカードでお金を借りるよりもよりも、消費者金融のキャッシングの方が専門的であるということになりますね。お金を借りる時にはキャッシング専門のサービスの利用がオススメです。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ