消費者金融でMAXいくら借りれる?年収と総量規制が重要なカギ

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

消費者金融の借入限度額はいくら?

金融機関でカードローンの申し込みをする時、自分の年収を考えながら「いくら借りれる?」と疑問に思うこともあると思います。
自分の年収で、カードローンの審査に通る?ということも含め、審査が終了するまで落ち着かない気分になるのではないでしょうか。

目標としている借入金額がある場合には、この辺のことは最も気になることだと思います。1~2万円程度の借入れならば審査もそれほど厳しくはならないのでは?と思えても、たとえば30万円どうしても借りたいという時には、審査が心配!ということになるでしょう。

そんな時、自分の年収ならMAXいくら借りれる?ということを知っておくだけで、審査待ちの心配も少しは軽くなるかも知れません。特に消費者金融でお金を借りたい時には、「総量規制」が大きく影響して来ます。

総量規制とは?

2010年6月18日に貸金業法が完全施行されました。
その目的は、多重債務問題の解決と貸金市場を安心して利用できるようにするためです。その中で、多重債務問題に対処するため、過剰貸付を抑制する「総量規制」が導入されました。
総量規制とは具体的にどんなことなのでしょうか?その詳細は以下に記載しています。

年収が影響する総量規制の詳細

総量規制は、貸付けの契約の中でも「個人向け貸付け」に限定をしていますが、大きく分けると以下の2つのポイントがあります。

  1. 指定信用情報期間の信用情報を利用した返済能力調査の義務化
  2. 年収による借入総額の制限

このようになっていますが、利用者にとって直接関係してくるのは、2の年収による借入総額の制限です。

いくら借りれる?年収による借入総額の制限とは?
  • 総借入残高が年収の3分の1を超える貸付けの禁止
  • 1つの会社の借入残高が50万円超となる場合、又は、総借入残高が100万円超となる場合は、借入れの業者に年収などを証明する資料の提出が必要。

たとえば年収300万円の方ならいくら借りれる?という場合、その金額は100万円以下ということになります。つまり、消費者金融で200万円借りたい場合には、600万円の年収が必要ということになります。
アルバイトやパートの方で年収が60万円である場合には、20万円が借入れの限度額となります。

総量規制では貸金業者に対して、利用者の信用情報を指定信用情報機関で調査することを義務化したようです。貸金業者では初めに融資を行う時だけではなく、その後も利用の残高や状況に応じて定期的に指定信用情報機関で調査を行うことも義務化されました。

ただし、売却可能な資産がある場合など除外・例外貸付けは、上記の対象外となっています。

総量規制の影響を受けた人は誰?

総量規制の導入により影響を受けた人も多いと思います。その中で最も大きな影響を受けたのは、専業主婦であると言えるでしょう。総量規制が導入される前には、専業主婦の方が旦那さんに内緒でお金を借り、最終的には多重債務者となり旦那さんに助けを求めるということが多発していました。最悪の結果として自己破産ということにもなり、貸付けを行う業者側の責任も問われるようになりました。

現在では、消費者金融など貸金業者での借入れでは、収入のない専業主婦の方は基本的には利用できないようになっています。この場合、申込み後に審査で落ちるという訳ではなく、申込みを完了することができないようになっています。要するに専業主婦の方は審査を行うまでもなく、貸付対象外であるということなのです。

金融会社の貸付け条件にも「安定した収入がある方」という言葉は必ず記載されています。
それでも総量規制が導入された後でも、専業主婦の方の借入れには「総量規制の例外」が設けられています。

専業主婦は「総量規制の例外」の適用を受けられる可能性アリ?

総量規制では専業主婦の借入れを制限していますが、例外措置として配偶者の年収と合算した総額の3分の1以下の貸付けを認めています。

これにより専業主婦は消費者金融で絶対にお金を借りられないという訳ではないことになります。それならばこの方法を利用して、プロミスやアコムなどでお金をいくら借りれる?と思われるかも知れません。

それでも実際には、総量規制の例外を利用するには、配偶者との婚姻関係を証明する書類を初め、多くの書類の用意が必要になり、さらに配偶者の同意書も必要になるのです。現在、大手の消費者金融では業務の煩雑化を避けるために、この方法で融資を行っていないようです。

総量規制の例外という制度はあっても、実質的には専業主婦の方は消費者金融でお金を借りられないというのが現状となっています。
ただし、総量規制に対象外となっている銀行カードローンの利用ならば、望みを持つことは可能です。

総量規制対象外とは?

総量規制対象外となっているのは、貸金業法で貸付けを行っていない金融業者です。主に銀行業法で貸付けをしている銀行は総量規制対象外となっています。
そのため、上記の専業主婦の借入れについても寛容となっていて、旦那さんに安定した収入があれば、借入れ可能としています。

このため、専業主婦の方が借入れを希望される場合、初めから銀行カードローンに申し込みをすることになるでしょう。大手の銀行を初めとして、ネット銀行などでも専業主婦の方への融資を行っています。

ただし、この場合いくら借りれる?ということでは、借入れの限度額は30万円程度となる場合が多く、専業主婦の方の借入れは不可としている銀行もあるので、申込みの前に必ずチェックが必要となります。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ