三井住友銀行カードローンの金利、他と比較して高いのか低いのか

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

「三井住友銀行カードローンの金利は高い?それとも低い?」と聞かれた時、その答えとして最も適当と言えるのは、「一般的な銀行カードローンの金利」であるということでしょう。

最高金利は14.5%であり、最低金利は4.0%となっているので、金利の幅が大きいですが、それも一般的な幅であると言えます。

三井住友銀行カードローンの金利は、契約極度額(利用限度額)で決まります。金利は変動金利であるため金融情勢によって都度見直しがされますが、2015年5月現在では以下のようになっています。

三井住友銀行カードローンの金利と契約極度額との関係

  • 100万円以下:年12.0%~14.5%
  • 100万円超200万円以下:年10.0%~12.0%
  • 200万円超300万円以下:年8.0%~10.0%
  • 300万円超400万円以下:年7.0%~8.0%
  • 400万円超500万円以下:年6.0%~7.0%
  • 500万円超600万円以下:年5.0%~6.0%
  • 600万円超700万円以下:年4.5%~5.0%
  • 700万円超800万円以下:年4.0%~4.5%

以上のような金利となっていますが、契約極度額がどの範囲に当て嵌まるかによって金利に大きな差が生じます。

契約極度額について

申し込みの際に契約極度額の希望額を聞かれますが、三井住友銀行カードローンでは最大契約極度額の800万円まで希望額を10万円単位で選択できます。

できるだけ大きな金額を契約することで、より低金利でお金を借りることが可能になります。
ただし300万円を超える希望額である場合には、収入を証明する書類の提出が必要になります。審査によって希望の金額とならない場合もあり、また一旦設定された契約極度額も取引の状況により、特に連絡が来ることもなく減額される場合もあるようです。

定期的な利用、遅延のない返済が重要となりますので、その点に注意することで予告なく契約極度額を減額されるのを防ぐことができると思います。

また契約極度額を増額してもらいたい時、電話やローン契約機で増額申請をする必要があります。申し込み後に審査が行われるため、希望通りにならない場合もありますが、借入れの金利を下げることができるので、契約後1年以上経過したところで申し込みをしてみると良いでしょう。

金利の優遇について

三井住友銀行カードローンの金利は、新規で申し込みをする時や契約極度額の増額申請をするタイミングで、金利の引下げをしてもらえる場合があります。ただし三井住友銀行の住宅ローンを利用中の方に限定されますが、一部の対象外となる商品を除き「1.0%」の引き下げをしてもらえます。

三井住友銀行カードローン金利と返済について

カードローンでお金を借りた後に考えるべきことは返済となります。返済方法には三井住友銀行のATMのほかにも、コンビニに設置されているイーネットATMやローソン、セブン銀行のATMからでも返済できます。

また振込み、口座振替での返済も可能です。その場合、振込みには振込み手数料の負担が必要になり、口座振替は三井住友銀行に口座を持っていることが必須となります。

返済には約定日払いと臨時払いがあります。通常は約定日払いを続けることで当初の計画通りに完済まで返済をしていくことができます。それでもお金に余裕のある時には臨時返済をすることで、元金を早期に減らすことが可能になります。その結果、金利を大幅に減らすことも可能になるのです。

上記の返済方法のうち、口座振替を選択した場合には約定日払いとして最少返済額で返済をしていくことになります。

以下で口座振替による約定日払いと臨時返済について記載していますので、参考になさってください。

口座振替で約定日払いにより返済する場合

口座振替を利用して返済する場合、最少返済額での自動引落しとなります。借入残高に応じた約定金額を約定日払いとして毎月口座振替によって返済することになります。約定日払いとして返済する金額の詳細は以下のようになります。

  • 50万円以下:10,000円
  • 50万円超 100万円以下:15,000円
  • 100万円超 150万円以下:20,000円
  • 150万円超 200万円以下:25,000円
  • 200万円超 250万円以下:30,000円
  • 250万円超 300万円以下:35,000円
  • 300万円超 350万円以下:40,000円
  • 350万円超 400万円以下:45,000円
  • 400万円超 450万円以下:50,000円
  • 450万円超 500万円以下:55,000円
  • 500万円超 600万円以下:60,000円
  • 600万円超 700万円以下:65,000円
  • 700万円超 800万円以下:70,000円

上記では借入残高50~500万円までは、50万円増える度に返済額が5千円増えていくことが分かります。それ以降は100万円増える度に5千円増えています。

臨時返済で支払いをする場合

上記約定日払いの金額よりも更に返済をしたい場合、臨時返済で支払いをすることで元金を早期に減額して支払う利息総額を節約することが可能になります。
ただし、返済には利息金額以上の入金が必要になります。
返済方法はATMや振込み、SMBCダイレクトなどが利用できます。

臨時返済の注意点について

利息を節約できる臨時返済は、できるだけ実施したいところですが、それには注意点があります。

借入残高と利息の合計金額を超える返済の場合、カードローン口座で普通預金として一旦預け入れることになります。この場合には以下のような扱いとなるので注意が必要となります。

  • 普通預金口座はカードローン口座と支店・口座番号とも同一となる
  • 公共料金やクレジットカード代金の引き落とし口座としての利用ができない
  • 利息の付与ナシ
  • 通帳の発行ナシ
  • 口座から出金する場合、カードローンでお金を借りたことになる

※詳細は「カードローンプラザ」にお問合せください。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ