みずほ銀行への申し込み方法は2つ、状況によりお金を借りる方法も変わる

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

みずほ銀行でお金を借りたいなら正しく申込をしよう!

みずほ銀行は三大メガバンクの1つ、そんな最大手だからこそ実現する最大限度額1,000万円(金利4.0~14.0%)というカードローン商品の取扱いですが、申込みはWEB完結も可能です。
また極度額200万円までは収入証明書の提出が不要なので、提出書類が少ないことで申込みが簡単になります。

カードローンでお金を借りるには、その方法を知る必要があります。
みずほ銀行カードローンの申込システムは、少々ですが他行よりも複雑となっています。そのため、以下でみずほ銀行カードローンでお金を借りる方法をまとめてみます。

みずほ銀行カードローンに申し込みする方法まとめ

みずほ銀行カードローンには、2つの申し込み方法があります。公式ページからネット申込みをする場合に、「当行口座をお持ちの方はこちら」、「当行口座をお持ちでない方はこちら」の2つのボタンが用意されています。冒頭でみずほ銀行カードローンの申込システムは少々複雑と言いましたが、このことにより利用される方が申込システムについて理解しやすくなるよう工夫されています。
そんなみずほ銀行カードローンのそれぞれの申込方法詳細は以下の通りです。

「当行口座をお持ちの方はこちら」から申し込みする場合

みずほ銀行に預金口座を持っている場合(みずほダイレクトを利用中、または手元に通帳を用意できる場合)、カードローンカードは、現在お持ちのみずほ銀行のキャッシユカードにカードローン機能を加えることで、兼用のカードとして利用できるようになります。ローンカードの発送を待たずに直ぐにカードでのキャッシング利用ができるようになるため、預金口座を持っている大きなメリットと言えるでしょう。
この場合、最短即日利用可能となりますが、申込みの時間帯により、翌営業日以降の利用開始となる場合もあるので、要注意です。

また今利用しているキャッシュカードと用途を分けたいという場合、カードローンカードを発行することが可能になりますが、その場合には「当行口座をお持ちでない方はこちら」のボタンから申し込みをする必要があります。

申し込みの手続きに優遇アリ

みずほ銀行に口座を持っていることで、申し込み手続きに優遇があります。
書類の提出についてですが、通常はどこの金融機関のカードローン申し込みでも必要になるのは「本人確認書類」です。それでもみずほ銀行に口座を持っている場合、200万円以下の極度額ならば提出は不要になります。また収入を証明する書類の提出ですが、冒頭でも触れた通り200万円以下の極度額については不要となります。つまりこの場合、書類の提出の手間が省けるということになります。

そのことを踏まえて、申し込みからカードローン口座開設までの流れについて順を追って行きます。

申し込みの流れとは?
  1. パソコンやスマホから申し込み
  2. 申込内容に基づいた審査
  3. メールで審査結果を回答
  4. カードローン口座開設の連絡

上記の流れの中で、みずほ銀行に口座を持っていても200万円を超える借入れを希望する場合には、本人確認書類、収入証明書類のどちらも必要になり、③と④の間で提出をすることになります。

「当行口座をお持ちでない方はこちら」から申し込みする場合

みずほ銀行に預金口座を持っていない場合、または口座を持っているけどカードローンカードを発行して欲しいという場合、こちらから申し込みを開始します。カードローンの申し込みを行う際、みずほ銀行の希望の支店を選択する項目があるので、カードローン口座の開設、みずほ銀行の普通預金口座開設と、2つの口座の開設が一度にできることになります。

この場合には最短での即日融資は難しいですが、それでも最短即日審査は可能になります。ただし、申込みの時間帯によっては仮審査結果の連絡が翌営業日以降になることもあります。

この場合でも既にみずほ銀行に口座を持っている(みずほダイレクトを利用中、または手元に通帳を用意できる)場合、200万円以下の借入希望額である場合、書類の提出は不要です。

申し込みの流れとは?
  1. パソコンやスマホから申し込み
  2. 申込内容に基づいた審査
  3. メールで審査結果を回答
  4. 申込書類の送付、返送
  5. カードローン口座開設の連絡、カードの送付

カードローンカードの送付は、「カードローン専用型」を選択した場合となります。

2種類のカード、どちらを選択する?

みずほ銀行カードローンに申し込みをすると、上記のように最大で2種類のカードを持つことになります。
そのためカードローンの申し込みをする際、「キャッシュカード兼用型」、「カードローン専用型」のカードのうち、どちらを利用するのか決める必要があります。

それは前述のように、みずほ銀行カードローンの利用には、みずほ銀行の普通預金口座が必要になるためですが、現在既にみずほ銀行のキャッシュカードを持っているという方も含め、カードの選択に悩まれる事もあると思います。

それぞれのカードの機能を把握することで、2つのカードの選択の目安になると思います。

キャッシュカード兼用型の機能とは?

みずほ銀行の普通預金キャッシュカードに、カードローン機能を付けたカードのことです。今までキャッシュカードとして使用していたカードが、カードローンの審査に通った後は、カードローンカードとしても使用が可能になります。

自動貸越機能(普通預金引き出し時、不足分を利用限度額内で借入れする):利用可
スイングサービス(※1自動融資サービス・※2自動振替サービス):利用可
ただし、2.は申し込みにより追加

※1.公共料金の自動支払い、クレジットカードの決済で、返済用の口座が残高不足で毛支払いができない時、利用限度額の範囲内で自動的に不足分を融資してもらえるサービスです。

※2.カードローン口座が入金によりプラス残高となった場合、自動的に返済用口座へ振替えるサービスです。

カードローン専用型の機能とは?

カードローンカードが到着してから利用可能になります。
自動貸越機能:利用不可
スイングサービス:利用可(※1、※2は申し込みによりセットで追加)

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ