みずほ銀行で借入をする際の審査についてまとめ

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

みずほ銀行でお金を借りるなら、審査を受ける必要がある

みずほ銀行カードローンでお金を借りるには、保証会社である株式会社オリエントコーポレーションの審査に通らなくてはなりません。審査に通るための基準が一般に公表されることは難しいようですが、それでも申し込みできる条件についてはHPなどで公開されています。

カードローンでお金を借りるためには、これらの条件をクリアした上で審査に通るために注意するべき点を考慮し手続きを進めて行く必要があります。
審査に通るには、どのようなことが必要となるのでしょうか?

みずほ銀行カードローンの審査に通るため必要なことは?

審査に通るためには、まず利用できるための条件をすべて満たす必要があります。

  • 20歳以上66歳未満の方
  • 継続的な安定収入のある方
  • 保証会社の保証を受けられる方
  • 本人に収入がない場合、配偶者に継続的な安定収入がある方(最大30万円まで)
  • 外国人の方は永住許可を受けていること

以上が申し込みできる方の条件となっていますが、それでも審査に通らない場合もあるようで、すべては審査結果によるということです。

審査結果で否決となることで、利用は不可となります。カードローンの利用をするためには、最低限審査に落ちないために注意するべき事を把握しておいた方が良いと言えるでしょう。

みずほ銀行カードローンの審査で見られることは?

審査ではその人の「属性」が見られています。その情報源とは、申し込みで申告した項目となります。みずほ銀行カードローンでは以下のようなことを申告するようになっています。

  • 氏名・性別・生年月日
  • 住所・電話番号・任意の携帯電話番号
  • 住居区分(自己所有・家族所有・借家・賃貸マンション・アパート・社宅・官舎・寮・公団・公営など)
  • 居住年数
  • 配偶者の有無
  • 利用中の他社無担保ローン(件数・金額)
  • 税込年収
  • 家族との同居
  • 勤め先の情報(名称・住所・電話番号・内線番号・所属部署・役職名・勤続年数・従業員数・職種・業務内容・出向派遣先)

審査ではこれらの項目をスコアリングにより計算をしています。審査を行うのは冒頭でも述べたように株式会社オリエントコーポレーション、通称「オリコ」です。オリコでは以上の属性からどんなところを見るのでしょうか?

属性は審査に大きく影響している

審査を行う目的とは、その人にお金を貸した時、きちんと返済してくれるか判断することです。そのため、その人にどれくらいの返済能力があるのかを的確に判断する必要があります。

上記の申告するべき項目は、実は大きく3つのブロックに分けられています。

  1. ご本人さまについて(おなまえなど)
  2. ご本人さまについて(ご住所・ご連絡先など)
  3. お勤め先の情報

属性からどんなことが判断されている?

これらの情報のうち、最も重要とさるのは3のお勤め先の情報です。上記の⑨にある項目をチェックして、会社の規模を判断し申告した年収との整合性も判断されることになるでしょう。また同時に勤続年数もチェックします。

勤続年数は、お勤め先の情報の中でも重要となります。一般的にも最低でも1年以上の勤続年数を必要としていることが多く、みずほ銀行カードローンでも同様に重要視される情報の1つであるはずです。勤続年数の長さは、仕事を辞めにくい、安定した収入を得ていることを証明する目安になるからです。

また、同じく上記⑨では「職種」として公務員や会社・団体職員、自営業、パートアルバイト、年金、学生、無職などの選択肢に分かれています。この項目で公務員や会社職員を選択できる方は、そのほかの職種を選択する場合に比べて審査で有利になると言われています。安定した収入を得ていることを条件としているため、公務員や正社員であることは社会的にも金融業界においても信用を獲得しやすい職種と言えます。

審査では属性の他に信用情報がチェックされる

審査では金融機関で行われる属性のチェックが重要となりますが、それだけでなく信用情報のチェックをまた重要です。個人信用情報機関にて、その人の信用情報にキズがついていないか確認をする必要があります。

申し込みで注意をしたいのが、短期間の内に何社にも申込みをすることです。このような短期間での申し込み履歴も記録として残るため、過去に延滞や債務整理の記録がなくても、審査で不利になる場合もあります。また返済の延滞ついても2か月以上続くことで5年間は記録に残るために注意をしたいものです。

1か月の内に3社以上の申し込みをして審査に通らなかった場合、申し込みを含めた記録が残ると言われています。
また申し込みの記録は6か月間記録されるということなので、みずほ銀行カードローンに申し込みをする場合、このようなことがあれば記録が消去されるまでの期間を開けた方が良いでしょう。

結局、みずほ銀行カードローン審査の厳しさはどうなの?

以上のことから、みずほ銀行カードローンの審査の厳しさは一般的と言っても良いでしょう。1,000万円が最大利用限度額となっていることで、特に審査が厳しいというイメージを持たれがちですが、それは借入金額にもよると言えます。

属性に問題がなく、信用情報にも傷がなければ十分に審査に通る可能性はありますので、まずは申し込みをしてみると良いかも知れません。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ