モビットでお金借りる時の金利はどのくらい?

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

銀行カードローンであっても、消費者金融であっても、貸金業として営業をしている会社でお金を借りるならば、金利は必ず掛かります。その場合、少しでも金利が低いことに越したことはありません。

モビットでお金を借りたい時、金利についてはどうなっているのでしょうか?ここではモビットの金利について書いていきたいと思います。

モビットの金利はどのくらい?他と比較してどうなの?

2015年5月現在、モビットの金利は4.8~18.0%となっています。この金利、高いの?低いの?と気になるところですよね。
結論から先に言うと、消費者金融の金利としては一般的と言えます。大手の消費者金融の金利は、最低金利については多少のばらつきがありますが、最高金利である18.0%の方はプロミスが17.8%であること以外では、どこも同じ金利となっています。

最低金利、最高金利の間には13%以上の開きがあります。モビットで借りる場合、ご自分がどのくらいの金利で借りられると思われるでしょうか?その答えは、どのくらいの金額が利用可能になるかによって違ってきます。

借入可能額と金利の関係とは?

モビットでお金を借りる場合、設定される借入可能額によって金利が変わってきます。それには利息制限法が関連していて、100万円未満の借入可能額に対しては18.0%以下、100万円以上では15.0%以下の金利が適用されることになっています。ちなみに、10万円未満ならば20%の金利が適用されますが、現在の大手消費者金融では、この範囲の金利についても18.0%の金利を適用しています。

20%の金利がつくのは、返済期日に遅れた時につく遅延損害金での利率となっているケースが多いです。

モビットで50万円借りる時の金利は何%?

それではモビットで50万円の借入可能額となった場合、一体どのくらいの金利となるのでしょうか?
50万円ということで、100万円未満であるため18.0%の金利が適用されることになります。
モビットで初めに借りることができる金額は、多くても50万円くらいと言えるでしょう。この範囲の金額の借入れでは、モビットの最高金利が適用されることになります。
銀行カードローンならば、100万円程の借入れも可能になるようですが、消費者金融の初回借入れ額の相場とはそのような金額が一般的です。

モビットで100万円借りるには?

初めてモビットお金を借りる場合、その上限は50万円ほどが一般的であることを言いましたが、それでは100万円借りるためにはどうしたら良いでしょうか?初めての借入れで100万円借りることは難しくても、契約後一定の利用がある場合、信用情報になどに問題が無ければ、増額申請により少しずつ借入可能額を増やして行くことは可能です。

ただし、この場合には300万円以上の年収が必要になります。その理由は総量規制により借入金の総額を制限されているからです。総量規制とは、年収に対して3分の1までの借入れしかできないという法律です。

モビットの最低金利が適用される借入金額は?

モビットの利用可能額の上限は、500万円です。この金額まで借りられるならば、最低金利である4.8%が適用されます。

金利に注目する時、低い方の金利ばかりに目が向いてしまいがちですが、消費者金融では少額の借入れが多い為、注目するべきは最高金利の方であると言えます。

18.0%である金利も100万円以上の借入れになると、15.0%の金利が適用されますが、それ以上の借入金となると金利は段階的に下がっていきます。

ただし、この場合でも上記のように総量規制が関係してきますので、最低金利4.8%でお金を借りるために500万円の借入れを希望する場合、1,500万円の年収が必要になります。

500万円借りるならば、銀行のローンがオススメ

カードローンで500万円借りる場合、車を購入する代金であったり、教育資金、結婚式の費用など、まとまった資金が必要である場合が多いと思います。その場合には銀行の教育ローンやマイカーローン、ブライダルローンなどの目的ローンを利用することで、更に低金利でお金を借りることができるようになります。

銀行ならば総量規制の対象外となっているので、500万円借りたい場合、「1500万円も年収はない!」という方でも借入れは可能になります。ただし、200万円程度の年収を必要とされる場合が多いので、この金額以下の年収である場合には銀行ローンの利用も難しくなるかも知れません。

モビットの金利と銀行カードローンの金利

モビットの金利は消費者金融会社の中では一般的ということを前述しました。最高金利に至っては18.0%であるために、14.0%が平均となっている銀行カードローンとは金利の開きがあります。

どうしてこんなに金利が違うの?と疑問に思ったことがあるという方も多いと思います。その理由は、個人向け融資をメインとしている消費者金融と、企業向け融資を行ってきた銀行の融資とでは、扱う金額が違うということがその要因として挙げられます。言い換えるならば「少額融資」と「高額融資」との違いということになります。

融資する金額が大きいほど利息を多く得ることができます。そのために金利を低めに設定しているのです。また少額融資を主としている消費者金融では利益確保の為に金利を高めに設定しています。それでも利息制限法の上限金利をしっかり守っているので、これで法定金利の範囲内と言えます。したがって、モビットでも安心して借りられる金利となっています。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ