モビット借入の審査は通るのが厳しい?

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

モビットでお金を借りる時の審査はどうなのか

消費者金融でキャッシングする場合、最も心配になるのが審査ですよね。特に今まで一度もキャッシングの経験がないという方は尚更のことだと思います。消費者金融の利用は正直少し不安という場合もあるでしょう。それでも大手の消費者金融でお金を借りるのであれば、安心して利用できます。

大手の消費者金融ってどこ?

大手の消費者金融として主に挙げられるのは、プロミス、アコム、アイフル、モビット、ノーローンです。この中でアイフルだけは独自の消費者金融会社として営業をしていますが、その他では銀行と関連があります。

消費者金融と銀行の関連性

上記のように5つの内4つの消費者金融は、以下のように銀行も一員となっているグループに関連した経営体制によりお金を貸しています。

  • プロミス:SMBCグループ
  • アコム:三菱UFJフィナンシャル・グループ
  • モビット:三井住友銀行グループ
  • ノーローン:新生銀行グループ

以上の消費者金融は、初めから現在のような体制となっていた訳ではなく、主に過払金返還請求が発生し始めた2006年頃より独立の消費者金融会社から経営の体制を変えていきました。過払金返還請求とは、今まで取り過ぎていた利息を引き直して今後の利息を0円にしたり、元金返済に充当する方法を言います。また多く払い過ぎた利息を返還する場合もあります。

過払金返還請求によって、どこの会社も経営が難しくなったというのが、現在の経営体制となったことの一因と言えるのです。

三井住友銀行グループのモビットの審査について

そんな消費者金融では従来よりユニークなCMが目立ちますが、その中でも特にインパクトの強いCMを展開しているのがモビットです。それに加えてモビットのHPでも同様に強い印象の残るデザインとなっています。

ここでは、そんなモビットでお金を借りる時に行われる審査についてまとめていきます。モビットの審査は厳しいのでしょうか?

モビットの審査までの流れについて

モビットで審査を受けるには、まず申込みをする必要があります。申込み方法はネットや電話、ローン申込機、郵送などとなっています。

たとえばネット申込みを選択した場合、申込完了後に本審査が行われますが、その前に必須となる項目に入力すると、簡易審査として「10秒審査」が行われます。(事前審査の結果表示となります)その後、追加の項目を入力すると申込みが完了します。

モビットの審査結果について

モビットの申し込み方法には、カード発行の申込みとWEBで全ての手続きが完了する「WEB完結申込」の2種類があります。申込み方法の選択によって審査結果の通知方法が変わることもあります。

  • カード発行申込み⇒メールか電話で通知
  • WEB完結申込⇒メールで通知

カード発行申込みをする場合では審査結果の通知方法は、その場合により使い分けされています。
WEB完結申込では、ネット完結が基本であるため審査結果の通知についてもメールで行われます。

モビットの本審査で決定されることは?

モビットで申込み完了後に行われる本審査、その時に決定されることは最終的な審査通過の可否と、利用限度額です。

前述の通り、必須項目の入力後でも10秒結果表示が行われます。ただしこの時点では審査が確定することはありません。またこの時に借入れは可能という表示がされても、本審査で審査に落ちる場合もあります。全ては本審査の結果次第ということになります。

モビットの本審査は厳しい?

記事の冒頭でも言いましたように、モビットは三井住友銀行グループの一員です。そのためにしっかりと審査が行われています。審査ではその人の年収や勤務先、勤続年収や居住年数などの情報をチェックします。そして他社での借入れや過去においての返済の延滞、債務整理の有無についても、信用情報機関への照会により確認されます。

このような審査はモビットだけでなく、他の金融機関でも同様に行っています。そのためにモビットの審査は厳しいと言えます。それでもその厳しさについては、消費者金融でも銀行カードローンでも同様のレベルであると言えます。

モビットの審査でこれだけは注意したいこと

「こうすればモビットの審査に絶対に通る」という方法はありません。それでも自分のミスなどで審査に落ちてしまうケースも無いとは言えないようです。たとえば、以下のようなことには最低限気を付けたいものです。

  • 申込みに入力する内容やメールアドレスの間違いに注意する
  • 本人確認書類の撮影をする時は、画質に注意する
  • スマホへのメール設定に注意する(パソコンからのメール受信を可にする)
  • オペレーターからの質問に対しては事実だけを正直に正確に答える

審査結果の通知はメールで届くことが多く、メールが受信可能になっていることは必須と言えます。またアドレスに間違いがないことも確認しましょう。
本人確認書類は、カメラの枠に撮影対象が納まっているか、ピンボケがないか注意する必要があります。オペレーターからの質問に対して反応が悪かったりすると、心象が悪くなる可能性もあります。

以上のことを念頭に置いて、モビットの審査に臨みたいものですね。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ