楽天銀行カードローンの金利はどのくらい?

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

楽天銀行でお金借りる際の金利について

楽天銀行カードローンでお金を借りる時、低金利と言われる銀行のローンであるとは言え、金利は気になりますよね。楽天銀行スーパーローンの金利は、4.9~14.5%となっています。下限に関してはそれほど低金利ではないですが、上に関しては比較的低金利と言えるでしょう。

カードローンの金利は、大方このような表記となっていますが、「自分はどの金利で借りられるの?」と疑問を持ってしまうことも多いでしょう。
楽天銀行カードローン審査の際には、審査の可決・否決を決定するだけでなく、その人の「利用限度額」も同時に決定しています。

利用限度額とは、その人が借りられる金額の上限ということになります。楽天銀行カードローンの審査では、その人の年収などの属性、過去の返済状況などを調べた上で、返済能力を判断しています。要するに「この人ならば最大限これくらいなら貸しても大丈夫」と判断した金額が、「利用限度額」いうことになるのです。

先ほどの「自分は低金利で借りられるの?」ということに話を戻しますと、上記の利用限度額が大きく関わって来ます。楽天銀行カードローンの金利は、利用限度額の金額に連動して変化しているからです。具体的な金利は以下の通りです。

楽天銀行カードローンの金利

2015年5月現在の楽天銀行スーパーローン金利は以下のようになっています。(変動金利)

  • 500万円:4.9~7.8%
  • 350万円以上500万円未満:4.9~8.9%
  • 300万円以上350万円未満:4.9~12.5%
  • 200万円以上300万円未満:6.9~14.5%
  • 100万円以上200万円未満:9.6~14.5%
  • 100万円未満:14.5%

以上のような金利となっていますが、具体的な金利については審査の結果次第となります。

利用限度額と金利との関係は?

金利は利用限度額の金額に連動して変化すると上記で述べましたが、具体的にはどのように変化するかと言えば、先ほど言いましたように利用限度額が上がると金利は下がることになります。要するに少しでも大きな利用限度額を設定してもらうことが、より低金利でお金を借りる方法となるのです。

返済に遅れるとどうなる?

楽天銀行スーパーローンの「約定返済日」は、1日、12日、20日、27日となっています。ただし27日は引落し口座を楽天銀行に指定した場合のみ利用できます。約定返済日とは、毎月の返済期日として設定した日にちのことを言います。金融機関からお金を借りた時、いつでも好きな時に返済をするという訳にはいきません。もちろんそのような返済も可能ですが、毎月一定の日にちに一定の金額を返済していく必要があります。

約定返済日に返済できない場合、「遅延損害金」が利息の他に加算されます。約定返済日の翌日からカウントされるのですが、楽天銀行ではその利率は19.9%となっています。たとえば楽天銀行カードローンで10万円を借りた場合、最低でも毎月3,000円を返済する必要があります。

1回目の返済では、借入残高100,000円×14.5%÷365日×30日≒1,192円の利息がつきます。返済期日にきちんと返済できれば良いのですが、たとえば返済を失念してしまい返済に3日遅れたとします。返済期日の翌日から遅延損害金が発生するため、借入残高100,000円×19.9%÷365日×3≒164円の遅延損害金が加算されることになります。

更に返済が滞ってしまい、30日間返済が遅れた場合、1,636円の遅延損害金を支払う必要があります。借入金利14.5%に加算して19.9%の金利も支払うことになるので、通常ならば支払う必要のない金利まで支払うことになるのです。これほどムダなことはないですよね。

また返済に遅れた場合、遅延損害金の支払いが済むまで新たな借入れができなくなります。

返済に遅れた場合の対処法

返済期日に支払いができなかった場合、口座振替を返済方法としている場合、楽天銀行口座を指定している方については再度引落しをしてくれることもあるようです。それ以外の銀行口座を指定している場合、お客さま専用振込口座へ振込む、提携ATMからカードで返済する方法があります。

なお、遅延損害金の発生により返済額が増えることはありません。これは毎月3,000円の返済の場合、(遅延損害金+利息)+元金返済分=3,000円という内訳になるためです。それでも元金返済分は、返済額から利息分を差し引いた残りの金額になるため、遅延損害金が発生することで元金返済分が少なくなってしまうので、要注意です。

支払う利息の総額を少なくする方法とは?

支払う利息を少なくすることは可能です。そのための方法を以下でご紹介していきます。知っているのと知らないのでは、支払う利息の総額に大きな差が出ることもあるので、参考にしてみてください。

利用限度額の増額申請をする

楽天銀行カードローンの金利は、条件次第では下げることが可能になります。条件とは、前回の審査より6か月以上経過していること、なおかつ利用限度額の増額申請の審査に通ることです。増額申請はインターネットから行う場合はメンバーズデスクで、電話で行う場合には楽天銀行カードセンターで受付をしています。

審査の結果によっては希望通りにならない場合もありますが、契約から6か月以上経っていて、返済の遅延もないという方は申込みをしてみると良いかも知れません。

繰上返済、一括返済を検討する

支払う利息の総額を少なくするためには、繰上返済や一括返済を検討してみると良いでしょう。もちろんボーナスが支給された、まとまった臨時収入が入った、今月は節約できたなどの条件が整った場合となりますが、少しでも早いタイミングで元金を減らすことで支払う利息の総額を大幅に減らすことが可能になります。それならば検討してみる価値はありますよね。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ