りそな銀行カードローンの金利は2種類あります。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

りそな銀行でお金を借りる時の金利について知る!

りそな銀行カードローンの金利は?と言えば、それは2種類あることになります。その理由は、りそな銀行カードローンには2つのカードローンがあるからです。そして2つのカードローンの金利には大きな開きもあります。借入限度額の金額に大きな開きがあるからです。

2つのカードローンとはどのような商品なのか、またその金利はどの位かなど、その詳細は以下の通りです。

2つのりそな銀行カードローン金利とは?

りそな銀行カードローンは、「りそなプレミアムカードローン」、「りそなクイックカードローン」という2つの種類に分かれています。少しだけ借りたい、まとまったお金を借りたいなどのニーズに合わせて選択されると良いと思います。

その場合、気になるのが金利であると思います。金利は利用限度額により決まって来ます。それぞれのカードローン金利は以下の通りとなっています。

りそなプレミアムカードローン金利とは?

  • 800万円型:3.500 %
  • 700万円型:4.000 %
  • 600万円型:4.500 %
  • 500万円型:4.900 %
  • 400万円型:5.500 %
  • 300万円型:7.000 %
  • 200万円型:9.000 %
  • 150万円型:11.500 %
  • 100万円型:11.500 %
  • 50万円型:12.475 %

りそなプレミアムカードローン金利は、以上のようになっています。(変動金利)
利用限度額コースは10コースとなっていて、その数だけ金利が設定されています。さらにりそな住宅ローンをご利用中の方は、上記の金利に対して「-0.5%」となります。

上記の利用可能額コースのうち、50万円型の利用については年収や勤続年数による利用制限がなく収入証明書の提出が不要となっているので、少しだけ利用したいという場合、提出書類を減らすことが可能になります。

りそなクイックカードローン金利とは?

100万円型、70万円型、50万円型、30万円型:12.475 %(変動金利)
りそなクイックカードローン金利は30~100万円が利用可能額となりますが、金利は一律となっています。こちらのカードローンを利用される場合、100万円までならばいくら借りても金利は同じということになります。(利用限度額の範囲内となります。)
ただし、100万円型のご利用には年収証明書の提出が必要になります。

りそな銀行カードローン金利を比較、どっちに申し込む?

上記のりそな銀行カードローンの2つの金利を比較すると、最高金利が同じであることに気付かれると思います。(りそな住宅ローンのご利用がない場合)
りそなプレミアムカードローンで最高金利の12.475%が適用される時、利用可能額コースは50万円型となります。

また、りそなクイックカードローンでは、一律の金利となっているため100万円型コースのご利用でも12.475%の金利となります。
そのことを踏まえるならば、どちらのカードローンを利用しようかと悩まれる場合もあると思います。カードローンの選択の際には、次のことを重視されると良いかも知れません。

りそな銀行カードローンの選択は、100万円がボーダーライン

りそな銀行の2つのカードローンの選択については、まずいつ頃までにお金を借りたいのか、そしてどの位の金額を借りたいかということが重要になります。

上記のように12.475%の金利でお金を借りる場合ならば、りそなプレミアムカードローン、りそなクイックカードローンのどちらを利用しても適用される可能性があります。
同じ金利ならば少しでも多い金額を借りたいという場合ならば、りそなクイックカードローンを利用すれば100万円型コースの利用が可能になります。

ただしこの場合、年収や勤続年数を問われないりそなクイックカードローンの利用であっても、100万円型の利用によって収入証明書(原本)の提出が必要になります。最短2時間という審査時間となっているため、オススメのカードローンと言えますが、そのことにより申し込みが遅くなる可能性もあります。

一方、同じ12.475%が適用されるりそなプレミアムカードローンの場合、50万円型コースの利用となりますので、年収を問われず収入証明書の提出も不要になります。それでも100万円を超える利用限度額コースを希望される場合には、年収が400万円以上あることが利用の条件となり、年収証明書の提出も勿論必要となります。

このことから、りそなプレミアムカードローンは「50万円型」の利用に限り、りそなクイックカードローンと同様の性格を持った利用限度額コースであると言えます。

したがって50万円型の利用では、りそなプレミアムカードローン、りそなクイックカードローンのどちらも同じ条件となります。この場合、年収を問われずにどちらも選択が可能になります。選択のキーとなるのは、どちらの12.475%がより有効に利用できるかということになるでしょう。

それでも、りそなクイックカードローンには70万円型のコースもあり、この場合でも同様の12.475%で借入れができます。この場合には年収や勤続年数を問われないため、同じ金利でより多くのお金を借りたい場合には、オススメとなります。

また100万円を上回るお金を借りたい時には、りそなプレミアムカードローンの利用を選択するしかありません。
それでも、りそなプレミアムカードローンの利用には、前述のように年収400万円以上を必要とされ、ある程度の勤続年数も必要となります。年収によっては、りそな銀行カードローンでは100万円を超える利用ができないということもあるでしょう。

その場合には、りそな銀行のフリーローンのご利用がオススメとなります。年収や勤続年数の条件もなく、300万円までの借入れが可能になるローンもあります。

以上のことから2つのカードローンの選択のボーダーラインとなるのは、100万円であると言えるでしょう。100万円の借入れを希望する場合、どちらも年収証明書の提出が必要となり、それ以下の金額を借入れる場合とは利用の条件が違ってきます。それでも選択肢としてどちらも利用の候補として挙げることができます。
そして100万円を超える場合には、カードローン利用については選択の余地がなくなります。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ