セブン銀行ローンサービス(カードローン)の金利

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

セブン銀行ローンサービス(カードローン)の利用でつく金利は15.0%です。この金利は変動金利となっているので、金融情勢により変動することがあります。

ローンサービスの借入限度額は、10万円、30万円、50万円となっていますが、どの金額を選択しても同様となっています。

10万円を30日間借りた場合、利息は1,232円です。30万円の場合は3,698円、50万円ならば6,164円の利息となります。

セブン銀行ローンサービスの金利と利息計算

セブン銀行ローンサービスは、銀行カードローンです。金利は消費者金融よりも低めに設定されているのが普通であり、セブン銀行でも同様となっています。消費者金融との違いは金利の高さだけではありません。

セブン銀行ローンサービスにも採用されている利息方式とは、「元加方式」です。消費者金金融での利息は、リボルビング方式によって計算されます。借入れの元金に対して利息がつき、毎月の返済の中で利息分と元金返済分を振り分けて支払って行きます。

それに対して、「元加」の方は、初めに発生する利息を元金に組み入れて、元金も利息も一緒に支払うという返済方式です。たとえば20,000円を借入れて、次の返済日まで何も借入れをしなかった場合、金利15.0%で30日間借りた時、利息は246円です。元加によりまず初めに20,000円に246円を加算し、月々の返済額は元加後の20,246円を毎月一定額で返済していきます。

セブン銀行ローンサービス、毎月どのくらいの返済額?

ローンサービスの返済については2つの方法があります。約定返済、任意返済という方法となっていますが、それぞれの返済には大きな違いがあります。返済方法の違いによる注意点などを含め、以下にまとめてみます。

セブン銀行の約定返済と金利について

利用限度額によって毎月の最少限度の返済額が変わります。約定返済とは、この最小限度の返済額を毎月決まった期日までに返済する方法を言います。

利用限度額が10万円の場合は毎月5,000円を、30万円・50万円の場合には毎月10,000円をセブン銀行普通預金口座から自動引落しする返済方法です。

元加方式によるセブン銀行の金利について

上記でも言いましたが、セブン銀行の金利は一律15.0%となっていますが、この金利は消費者金融とは違う計算方法となります。たとえば初めてセブン銀行ローンサービスを利用してお金を借りた時、金利はその当日から発生します。

借入れの当日から初めての返済日までに日にちがある場合、当然ながら金利が発生します。セブン銀行では発生した金利は、前述のように「元加」により借入れの金額に組み込まれることになります。

そして1回目の返済では、その時に発生した金利のみの支払いとなり、2回目以降は元金の返済と、前回の返済期日から返済日の前日までに生じた金利の合計額を支払うことになります。たとえば10万円を借入れた場合、毎月5,000円が約定返済の金額となるため、完済まで約定返済のみで返済した場合の利息の総額は、15,506円となります。(借入日や返済日により多少のズレがあります。)

約定返済日に返済できなかった時の金利は?

たとえば20,000円を初めて借りた時、1回目の約定返済日に口座の残高不足のため返済できなかった場合、金利はどうなるでしょうか?

前述の通り、元加方式によって借入日当日から1回目の返済日の前日までに発生した金利は借入れ金額に組み込まれます。初めての借入れから1回目の返済日の日数が30日間であった場合、発生する金利は246円となり、この時点で20,246円が借入金の残高となります。この時に返済できれば借入れ日以降に発生した利息の支払いができます。

それでも返済できない場合には、翌月以降の約定日返済となるため、翌月の約定返済日には、前回の返済日での借入残高に対して金利がつくので、前回よりも多くの利息が借入残高に加算されることになります。249円の利息が借入れ残高に加算されるため借入残高は20,495円となります。

セブン銀行の任意返済と金利について

まず初めに任意返済できる場合とは、毎月の約定返済がきちんとできていることが条件となります。任意返済として臨時の返済が可能であれば、まずセブン銀行口座へ入金をする必要があります。

任意返済をする場合、セブン銀行ATMとダイレクトバンキングのどちらでも利用できます。
ATMからは現金をキャッシュカードで支払う方法がありますが、借入残高と利息の合計を超える金額を入金した場合は、超えた金額については普通預金口座に振替えられます。(毎月第3日曜日の翌日0:30~5:30の間はメンテナンスのためATM利用不可)

ダイレクトバンキングからの返済は、普通預金口座への振替えとなります。(毎月第3日曜日の23:30頃~翌日5:30頃の間は利用不可)

一部返済と全額返済について

任意の返済として一部返済、全額返済の選択ができますが、一部返済では借入残高の返済に充当されますので、利息の支払いはありません。そのため借入残高をすべて支払った場合でも、元加方式により発生した金利は翌月の返済日に支払う必要があるので、要注意です。

また借入残高がある場合、一部返済を行っても約定日払いは毎月続きます。それに対して全額返済では、借入残高と金利を含めて全額での返済ができます。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ