住信SBIネット銀行カードローンの審査とは?

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

住信SBIネット銀行カードローンで審査を受ける時のポイント

お金を借りるために必ずクリアしなくてはならないのが、審査です。審査を行うのは、各金融機関の保証会社となっている会社です。利用者が万が一返済不能となった場合、そのお金を代位弁済する必要があるからです。それにはその人にどれだけの返済能力があるかということを、申し込み時に申告された内容や、個人信用情報機関からの信用情報により判断する必要があるのです。

プレミアムコースの利用では、金利引き下げ条件適用後の利率が1.99~7.49%という、他に類を見ない超低金利の住信SBIネット銀行カードローンの利用も、審査の結果次第ということになります。

住信SBIネット銀行カードローンの審査は厳しい?

上記のように住信SBIネット銀行カードローンには超低金利となっているプレミアムコースがあります。住信SBIネット銀行カードローンの審査は保証会社であるSMBCコンシューマ―ファイナンス株式会社が行っています。消費者金融のプロミスをブランドとして持つ会社であり、正確で迅速な審査を行っています。

ただし、審査には数時間から数日の時間が掛かります。審査の早さについては、最短即日回答などを謳っていないため、即日融資をお考えの場合には他の金融機関を利用した方が良いでしょう。

それでは審査の厳しさについては、どうでしょうか?
住信SBIネット銀行カードローンの審査は厳しいのでしょうか?
以下で住信SBIネット銀行カードローン審査についてまとめてみます。

住信SBIネット銀行カードローンの審査は2回

住信SBIネット銀行カードローンの審査は仮審査と本審査とで2回行われています。ご利用の申し込みをした後に行われるのが仮審査であり、仮審査結果の連絡後にもう一度行われる審査が本審査となります。

仮審査と本審査ではその内容や方法も異なっています。これらの審査にはどのような違いがあるのでしょうか?

住信SBIネット銀行カードローンの仮審査

WEBサイトにログインをして申し込みするか、住信SBIネット銀行に口座がない場合にはカードローンの申し込みと同時に口座開設の手続きを行います。申し込みをするためには、専用のフォームに必要な項目を入力します。
この時に入力した情報を元に仮審査が行われますが、審査の結果によっては希望通りに借りられないこともあります。

また必要に応じて保証会社や住信SBIネット銀行から、入力内容について電話が掛かる場合もあります。電話は携帯電話だけでなく勤務先にも掛かる場合もあります。

仮審査では、承認の可否と仮審査承認額が決定されます。カードローンには記事冒頭で触れましたプレミアムコースの他に金利引き下げ対象となった場合、8.49~14.29%の金利で借りられるスタンダードコースもあります。
審査では、これらのコースの適用についても決定されます。
プレミアムコースでは、他の金融機関よりも更に低金利となっているため、スタンダードコースとの振り分けについて厳しいものがあることは、容易に予測できると言えるでしょう。

仮審査結果は、WEBサイトのメッセージボックスやメールで通知されます。この時に届くメッセージにより、その後の手続きについて通知されますので、必ず読むようにします。仮審査結果の通知は、銀行が営業を行っている時間帯であれば、通常は数時間で通知されています。ただし申し込み時間や、申し込みの内容によっては数日の時間が必要になる場合もあります。

仮審査承認のお知らせが届いた場合、到着日から1か月を経過しても手続きを行わない場合、自動的に300万円を利用限度額としてカードローン口座の開設が行われることになるので、要注意となります。
また、在籍確認の結果によっては、口座の開設ができない場合もあります。

仮承認額が300万円を超える場合、借入希望額が300万円を超える金額である場合、収入を証明する書類の提出が必要になります。提出方法は、郵送かFAXとなります。

住信SBIネット銀行カードローンの本審査

本審査では最終的な決定が行われます。本審査の結果、仮審査承認額よりも利用限度額が下がり、金利が上がる場合もあります。
また仮審査で保証会社が在籍確認をしている場合でも、本審査で住信SBIネット銀行が在籍確認を行います。その場合には銀行から勤務先へ電話があります。在籍確認が取れない場合には、カードローンの申し込みを取下げられることもあります。

本審査では、最終的な借入可能額や利用できるコース(プレミアムコース・スタンダードコース)の決定、金利などが決定されます。本審査の結果は、メールやWEBサイトのメッセージボックスで通知されます。

本審査が終了すると、カードローン口座が開設されます。その後はWEBサイトやモバイルサイト、利用可能なATMから利用限度額の範囲で自由にお金を借りることができます。ATMでの借入れはキャッシュカードが必要になりますので、新規口座開設をされた方はカードの到着を待つ必要があります。カードは本人限定受取郵便にて郵送されてきます。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ