結婚式のご祝儀費用が足りない・払えない時どうする?!

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ



プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

友人や知人の結婚式が続くと、それだけで、1回につき最低1万円、通常で3万円。近い間柄になると5万円以上のご祝儀代がかかることがあります。そうなると、結婚式のご祝儀代だけで、生活が苦しくなってしまうことも多いのです。

ご祝儀が高すぎて払えないという悩みを抱えている人は、言わないだけでかなり多いのが現実です。結婚式への参列は短期間に重なることが多いですから、一気にお金がなくなります。そういった時には、無利息サービスのあるカードローンなどで一時的に払えないご祝儀代金を建て替えるというのが便利な解決方法として人気です。

結婚式を上げる側もお金がかかる

結婚が決まると結婚式場選びが始まります。予算額に合った式を挙げるためにいろいろな結婚式場を回ることもあるでしょう。それでも気に入った結婚式場があった、どこも予算オーバーになるというように当初の計画通りにならない場合もあると思います。

そんな時、金額が大きいことや親に頼りたくないという理由から、金融機関で結婚式に必要なお金借りる時もあるでしょう。

さらに結婚するということは、結婚式をして終わりということではありません。まずは結納・婚約指輪などでまとまったお金が掛かります。そして結婚に伴い引越しをしたり、家具や、家電、日用雑貨などを揃える費用も必要になります。

結婚式が終われば新婚旅行に行くことも多いでしょう。旅行費用は海外の場合には航空機の運賃、宿泊費、レジャー、お土産代と大きなお金が必要になります。一生の思い出になるため、これだけは外せないという方も多いはずです。

結婚資金の不足を補填する方法と言えば、何と言ってもブライダルローンの利用でしょう。以下では結婚式の費用、ブライダルローンの必要性、選びたいブライダルローンや申込みについてご紹介しています。

結婚式の費用、どのくらい掛かる?

結婚式の費用は、選ぶ結婚式場やプラン、招待客の数によって大きく違ってきます。また地域によっても相場に大きな差があります。広く知られている情報から言うと、名古屋では豪華な結婚式が行われています。対して北陸地方などでは比較的抑えめの費用となっています。

そんな結婚式事情ですが、その費用は平均すると350万円という数字が出ているようです。結婚式だけでこれだけのお金が必要になるのですから、結婚費用の総額はどのくらいかというと、およそ700万円が相場となっています。

もちろんこの費用を全て工面する訳ではなく、結婚式の招待客からのご祝儀もかなりの額となるので、結婚費用の一部に入ります。招待客の数を増やすことでお金は掛かりますが、ご祝儀である程度は回収が可能です。

ブライダルローンの必要性

ブライダルローンはどんな場合に必要になるのでしょうか?

  1. ●予定よりも結婚式にお金が掛かった
  2. ●予想外に結婚式が早まり、貯金をする時間が無かった
  3. ●自分達だけの力で結婚式をやりたい
  4. ●結婚式場への支払いに猶予がない

以上のような理由により、結婚式に必要なお金借りる場合が多いようです。それまではなるべく費用を節約して他のことにお金を掛けようと計画をしていても、いざ結婚式場でプランを練ってみると、少しでも結婚式を盛り上げたいと欲が出てくるものなのでしょう。こんな時、ブライダルローンを利用することで拘りの結婚式を挙げることが可能になるのです。

結婚式の費用はどこで借りることができるの?

ブライダルローンという名前のついているローンは多いですが、中には多目的ローンやフリーローンという名前で、結婚資金としても利用できるようになっているローンもあります。

銀行のブライダルローン

  1. 三菱東京UFJ銀行⇒多目的ローン:5.475%(変動)借入年数10年、300万円まで
  2. 三井住友銀行⇒フリーローン:5.975%(変動)借入年数10年、300万円まで
  3. みずほ銀行⇒多目的ローン:5.875%(変動)借入年数7年、300万円まで
  4. 楽天銀行⇒ブライダルローン:7%(固定)借入年数8年4か月、300万円まで

銀行のローンはブライダルローンとしての商品を扱っているところは意外に少ないです。多くは多目的ローンやフリーローンとして自由に利用できるようになっています。

楽天銀行のブライダルローンは、単独の新婚旅行にはフリーローンの利用をすることになりますので、フリーローンとは違いある程度は利用の範囲が限られています。

また楽天銀行のブライダルローンとメガバンクのローンを比較すると、利用条件に違いがあります。ブライダルローンでは20歳以上60歳以下で安定収入のある日本居住者となっています。一方、上記3行では適用年齢の上限は違いますが、一様に200万円以上の年収が必要となっています。

また勤続年数についてもブライダルローンについては特に定めはありませんが、他では勤続年数が1年以上、2年以上という条件になっています。

低金利でお金借りることができる代わりに、ある程度の年収や勤続年数を求めていると言えます。利用するブライダルローンを選択するとき、金利は気になるところですが、自分の条件に合ったローンを選択する必要があります。

結婚式のご祝儀のお金借りるには?

結婚式にお金が掛かるのは招待をされた方も同じでしょう。ご祝儀など、金額の大小はありますが、やはり大きな痛手となる金額になります。友人ならば3万円程度でも良いかも知れませんが、身内の場合にはそういう訳にもいかず、5~10万円となるケースが多いようです。

さらに女性の場合には着ていくドレスを新調したり、ドレスに合わせてバッグや靴を揃えたり、美容院でヘアメイクを依頼したりと、ご祝儀代以外にも何かと要り用になります。結婚式場が遠方の場合には交通費や宿泊費が掛かることもありますから、結婚式が続くと払えないケースも多々あります。

そんな出費のために生活費が足りなくなってしまうこともあるでしょう。結婚式のご祝儀のお金借りる先は、消費者金融か銀行のカードローンが良いです。特に消費者金融ならば即日融資を受けられる可能性が高いことで、急にお金が必要になった時に便利です。少額の借入れならば返済も容易なため、利息もそれほど気にならない金額と言えます。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ



プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ