どうしたらいい?住民税(市民税・県民税)が払えない時の対処法

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ



プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

払わないければならない税金である、住民税・市民税・県民税が払えない時はどうすればいいのでしょうか?

会社から給料を貰っている時、支給額から天引きされている住民税(市民税・県民税)。学校を卒業して就職した年度には住民税の徴収はありませんが、2年目からは給料明細書に市民税・県民税として税額が記載され、支給された給料から住民税が天引きされるようになります。

住民税は、前年度の1~12月までの収入に対して課税されます。学校を卒業した年度に、住民税を徴収されないのはそのためです。

納付方法については、普通徴収と特別徴収があります。給料から天引きされるのは特別徴収であり、税額を12か月で割った金額を毎月給料から支払うことになります。

一方普通徴収とは、個別に納付をする方法のことを言います。サラリーマンは通常特別徴収で納付できますが、転職をした為に次の会社で特別徴収が継続できていないなど、
普通徴収の納付書が届く場合もあります。その場合は、会社に納付書を持って行くことで特別徴収に変更することができます。

現在失業中で市民税などの住民税が払えない!

会社を退職しその後就職をしない場合は、普通徴収にて納付することになります。普通徴収は特別徴収とは違い、通常は年4回払いとなります。
税額が12万円である場合、特別徴収ならば毎月1万円の税額となりますが、普通徴収では1回の支払い額は3万円となります。

会社に勤めていれば給料から納付する為、住民税納付のための資金の用意は不要です。一方、失業中であり普通徴収で納付する場合、手持ちのお金から支払う必要があります。市民税などの住民税が払えないと、どうなるのでしょうか?

住民税を払えない場合どうなる?

納税は国民の義務であるため、この義務を怠った場合のペナルティはとてもキツイと言われています。特に住民税については特に厳しいと言われ、昨年は収入があったけど、今年は無職のため収入が無いという理由で、減免を認めてもらえない場合も多いようです。

税金の滞納は、即資産の差押えに繋がります。退職後に次の会社に就職した場合、給料の差押えが行われます。また預金口座や車などの資産も差押えになります。

差押えを回避する方法とは?

市民税など住民税は、特別な理由がある場合を除いて減免を期待できないことが多いです。それでも失業のために住民税の支払いが難しくなった場合、分納をお願いすることは可能ということです。

普通徴収による納付は年4回であることは上記の通りですが、特別徴収のように12か月分に割って納付をすることは可能となっています。上記の例ならば、月に3万円はキツイけど、月に1万円ならば捻出できるという場合もあると思います。

それでも住民税を払えない時はカードローンを利用

分割払いでも納付が困難という場合、カードローンなどでお金を借りて納付する必要があります。1回の納付金額は数万円という場合が多いので、今すぐ借りて支払いたい時には、消費者金融のカードローンならば当日中にお金を借りることが可能になっています。住民税は必ず納付する義務があるため、借りてでも支払うべきものです。数万円の借入れならば、銀行でも消費者金融でも大きな金利の差は感じない程度となります。

住民税を滞納し、給与や預金口座が差押えされるくらいならば、金融機関を賢く利用する方法を選択するべきでしょう。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ



プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ