医者でもお金を借りることは可能!おすすめカードローンは?

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ



プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

銀行や消費者金融でカードローンを利用するには、安定した収入と信用が必須となります。お金を借りてもきちんと返済してくれないような人には、金融会社の方もお金を貸したくないのは当然ですよね。

お金を借りるならば、金融会社に信用をしてもらわなければなりません。金融会社の方でも当然のことながら、信頼度の高い人にお金を貸したいと思っているので、必然的に職業で判断をする場合も多いです。

公務員はもちろん信用力バツグンですが、大きな会社に勤めている人なども同様に評価が高くなります。また医者や弁護士などの高収入となる職業の人もまた、歓迎するべき顧客であると思います。中でも医者はどこにいても仕事ができること、高収入であることでお金を借りるには最高の属性であると言えるでしょう。

お医者さんであれば、大手カードローンの審査もスムーズに行く可能性は高いといえるのではないでしょうか?
◎→最短1時間融資のプロミス

医者でもお金を借りるの?

医者がお金を借りると言うと、何だかとても不思議な気がする方も多いでしょう。勿論、医者ならばある程度のレベルで生活できる給料を貰っているはずですよね。しかし医者とは言っても、なりたての医者=研修医の場合には意外に給料が安いということを耳にしたことがあります。

研修医の平均年収には開きが大きく、推定265万~450万円となっているようです。この開きは地方民間病院と都市部の大学病院などでも存在しているようです。一般的に大学病院の方が研修医の給料は少な目と言われています。
(参考記事↓)

  • 研修医の年収は推定265万円~450万円!研修医の年収について詳しく解説します。|平均年収.jp
  • 年収でいくら借りれる?
  • 都市部の病院に勤めていると病院から近い所に住むには住居費も多く掛かります。家と病院を往復する生活を強いられる研修医であるならば、尚更その距離は近い方が良いと言えるでしょう。昔よりも格段に給料のレベルが上がったと言われていますが、それでも家賃に多くのお金が掛かることになります。

    そのようなことで、比較的年収の少ない研修医である場合には、時にはお金を借りることもあるでしょう。研修医と言えども医師の国家試験をパスした優秀な人材であること、安定した収入を得ていることで、金融会社も審査を通してくれると思います。
    (参考:研修医の年収って?)

    ただし、返済の延滞が続いている、過去に債務整理をした事があるなど、信用情報にキズを付けてしまっている方は、必ずしも審査に通るとは言えません。金融会社の方でもたとえその人が金の卵だとしても、既にキズの付いてしまった卵には魅力を感じないのではないでしょうか。

    ベテランの医者がお金を借りる時とは?

    上記のように研修医である場合、病院などにより給料の額に開きがあるため、お金が足りないということもあるでしょう。その場合に直ぐにキャッシングできる消費者金融を利用することも選択肢の1つと言えます。

    それでもベテランの医者がお金を借りることもあるでしょう。それは少額ではなくまとまったお金を借りる時です。今までは大学病院などで勤務医として働いていたけれど、開業をして自分の診療所を持ちたいと考える時、高額のお金が必要になります。

    そんな時の借入先と言えば、やはり銀行でしょう。年収が多いとは言え、診療所の開業には多くのお金が掛かります。テナントとして診療所を開業すれば建物を建築する必要もないので、かなりのお金を節約できます。それでも医療機器だけは一通り揃える必要があります。この場合目安として5,000万円ほどは最低でも必要になるということです。

    医者が銀行からお金を借りる意味とコツ

    勤務医として働いていた頃に貯めたお金を資本金として開業する時、必要な費用に対して不足する金額を借入れすることになると思います。もう少しお金が溜まってから開業しようと思っていると、絶好のチャンスを逃してしまう可能性もあります。開業にはタイミングが重要になってきます。他の医者に先を越されてしまうと、同じ土地で後から開業をしても患者の来院を見込めないこともあるでしょう。

    医者と言っても色々あります。
    例えば、

    • 歯医者
    • 勤務医
    • 研修医
    • 内科
    • 外科
    • 整形外科
    • 看護師(?)

    これらも大きなくくりではお医者さんと言えるでしょう。

    医者が、銀行への借入金を少なくするためにコツコツとお金を貯めるならば、余りにも長い時間が経ってしまいます。ビジネスとして開業するならば、絶好のチャンスを見逃してしまうし、自分自身も歳を取って行ってしまいます。少しでも若い年齢の内に開業をして、地域に溶け込んでいくことも重要となります。医者が銀行からお金を借りる意味はココにあると言っても良いと思います。

    お医者さんがお金を借りるコツとは?

    医者が銀行からお金を借りる時、預金口座を持っている銀行では金利などの面で優遇されることもあります。それでも銀行によって金利には開きがあり、サービスの内容もそれぞれに異なっています。

    まずは「相ミツ」を取ってみるのも良いと思います。今後長い付き合いになることが予測できるならば、最も利用しやすい銀行を選択することも重要となるでしょう。選択肢には銀行のほかにも信用金庫を入れても良いかも知れません。

    そして複数の銀行に「相ミツ」を取っていることを伝えた上で、相談をすると良いでしょう。銀行とはお金借りるこちら側が先導となれる関係がベストと言えます。

    お医者さんがお金を返済するコツとは?

    病院を開業をすると何かとお金が掛かります。借入金から必要な医療器具を揃えたりしても、すぐに多くの患者が見込めない場合、高収入と言われている医者という職業であっても、ある程度の余裕も残しておきたいものです。

    返済方式には、元金均等返済と元利均等返済があります。元金を早く返済できるのは元金均等返済ですが、それでも初めのうちから返済額を増やしてしまうと余裕がなくなってしまう可能性があります。それならば初めは金利の返済割合が多くなりますが、余裕を持って返済していける元利均等返済が良いということです。

    金利については固定金利と変動金利がありますが、繰上返済を行う場合の手数料を考えると変動金利の方が良いと言えます。固定金利での繰上返済では、高額の違約金が掛かる可能性があります。
    (参考:カードローンとキャッシングの金利の違いなど)

    返済時期については、多くの銀行では元金返済の据置期間があるので、開業当初は収入が安定しない場合も考えて銀行と交渉をしていきましょう。据置期間中は利息の返済のみとなります。

    人気のおすすめカードローン

    ◎→プロミス公式サイト

    「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

    dokodekariru

    全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

    当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

    借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

    お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

    ◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ



    プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

    まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

    【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

    【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

    【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

    【最短1時間融資がスピーディー】

    借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

    ◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ