給料の前借りや前払いの利用方法をご紹介!

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ



プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

お給料日までお金がない!前払い・前借り、その他の方法

給料日まで先が長いという時でも、お金が足りなくなる時は容赦なくやってきます。そんな時、足りないお金をどうにかして工面しなくてはいけないこともありますよね。困った時、すぐに親や兄弟、友人に借りられるなら苦労はないのですが、世の中そんなに甘くはないと言えますね。

そうなると残されている選択肢は、「金利を払って金融機関から借りる」、「会社で給料を前借りする」ことくらいだと思います。どちらも親や兄弟に借りるように簡単に借りられるかと言えば、融資条件を満たす必要があるため決して簡単とは言えないでしょう。それでも生活を維持して行くために何とか利用をしたいものです。

両者の内、どちらかを利用してお金を工面する時、その選択に迷うこともあると思います。そんな時、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

どっちを選択する?キャッシング、給料の前借り

金融機関でキャッシング、会社に事情を話して給料の前借りや前払いをしてもらう、この2つの選択肢しかない時、どちらを選択したら良いでしょうか?考えてみると、どちらも一長一短と言える部分がありそうですね。
それぞれのメリット、デメリットはどんなところにあるのでしょうか?

金融機関でお金を借りる

金融機関のキャッシングを利用する場合、少額の融資ならば銀行や消費者金融のカードローン、クレジットカードのキャッシング枠や信販会社などのカードローンと、借入先はいくつかあります。その中で、いずれにしても共通しているメリット・デメリットがあります。

金融機関でお金を借りるメリットとは?

金融機関でお金を借りることで、周りの誰にも借金がバレる心配がないことは、大きなメリットとなります。もちろん、審査の時に行われる在籍確認では多少ヒヤっとすることがあるかも知れませんが、そのことで職場や家族にキャッシングがバレる可能性は低いと言えるでしょう。また在籍確認を電話以外の方法に替えられる場合もあります。

最大のメリットとしては、無利息期間のあるサービスを活用できるのが消費者金融ならではの方法です。給料日までにお金がないという場合、通常数週間すれば、給料が振り込まれますから、給料が出たらすぐに返済をすれば金利なしで当座のお金を工面できるという点がとても便利と言えるんですね。

家族や友人などにお金を借りる時、あとでトラブルが発生する可能性もあるため、人間関係においてリスクを背負うことになります。もちろん、約束通りに返済できれば何の問題も起こりませんが…。

その点、金融機関でお金を借りることで、会社や友人、家族との関係にキズを付けるリスクもないので、その方が気楽に借りられるという方は多いと思います。

金融機関でお金を借りるデメリットとは?

キャッシングは上記のような会社で利用できますが、どこの会社でどの金融商品を利用するにしても「金利」がつきます。この点は金融機関でお金を借りる場合の最大のデメリットとなります。上記の中では銀行のカードローンが最も低金利となりますが、それでも少額を借りる場合は14%前後の金利がつきます。

また20歳以上であり一定の収入を得ていることが融資条件となっている場合が多く、申込み後に審査が行われ、在籍確認で職場に電話が掛かることが多いです。審査の結果次第ではお金を借りられないという可能性もあります。

会社から給料の前借りや前払いとしてお金を借りる

会社から給料日以外に給料を支払ってもらうことは、通常難しいと言えるでしょう。それでも給料の前借りや前払いということならば、応じてくれる会社はあると思います。それにより金融機関からお金を借りるよりもメリットがある場合もありますが、反対にデメリットとなる場合もあるようです。

会社から給料の前借りや前払いを受けるメリットは?

今月の生活費が不足してしまった場合、会社から給料を前借りすることで急場をしのぐことができる時もあると思います。給料の前払いということで、社長との関係によっては無利子で借りられる場合もあるでしょう。

信用情報に問題がある、他社からの借入れが多いなどの理由で金融機関でお金を借りられない場合には、最後に頼る借入先と言えるかも知れません。

会社から給料の前借りや前払いを受けるデメリットは?

お金が足りない時、会社で給料を前払いしてもらえれば、その時は助かります。それでも借金をするということには変わりないと言えます。借りたお金は返す必要があるので、次の給料から一括で差し引かれてしまうこともあるでしょう。

金融機関でお金を借りる時、リボ払いで返済をしていくことになるので、10万円借りても毎月の返済額は3千円程度で済む場合もあります。もちろん利息は掛かりますが、返済に余裕を持つことが可能になります。

給料の前借りの法律と制度について

以上のように両者の利用には利点もあれば、反対に不利になることもあり、選択が難しい場合もあると思います。

それでもなるべく金融機関で借金をしたくないという場合、会社で借りるしかないという場合もあるでしょう。ただし、会社で給料の前払いをお願いする時に、「給料の前借りはやっていない」と言われ断られてしまう可能性もあります。

会社で給料の前借りをする場合、日本の労働基準法には給料の前借りに対する法律が設けられています。
労働基準法第25条を要約すると、出産・結婚・病気・災害などの非常時においては、給料の支払い日前でも、既に行った労働に対する賃金の支払い義務があるということです。ただし、まだ労働を行っていない分の給料については、支払い義務はないということです。

このように非常時においての給料の前払いは認められても、生活費が足りないなどの理由で難しいものがあると言えるでしょう。

東京都民銀行の「前給」について

給料の前借りは、勤めている企業などの方針や社長の意向によるところが大きいです。また上記のように非常時と認められる場合でないと支払い義務がないということで、結論としては給料の前払いは簡単ではないと言えるでしょう。
それでも、各企業によっては「前給」制度を採用している場合があります。

「東京都民銀行」が実施している制度ですが、既に働いた労働に対する給料を最短で翌日で受取れます。
一般的な企業や公務員などは、この制度の導入がない場合が多いですが、特にすかいらーくグループなどの大手の飲食店グループではこの「前給」制度を採用しています。また人材派遣業でも多く導入しているようです。

特徴としては勤務先の上司の承認が要らない、審査なし、無利息、携帯電話からの申し込みが可能で、給料振込み口座に振込まれることになります。

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ



プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ