生活費が足りない時に、どこで借りるべき?

「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】安心してお金を借りたい方へ。

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)がおすすめです

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

とりあえずの生活費のお金を借りる方法でのりきる

今月は収入が少なかった、出費が多かった、急にまとまったお金が必要になった等、いろいろな理由で「今月は生活費がピンチ!足りない!」という状況になることもありますよね。

生活費には、家賃や住宅ローン・公共料金の支払い、食費、教育費など、広い意味で言えば沢山の要素があります。そしてこの内の1つでも不足すれば、生活が成り立たなくなってしまうのです。

生活費が足りない時、いくつかの選択肢の中から「どこかで借りる」という選択もアリだと思います。もちろん臨時でアルバイトをするなど、収入を増やすことでピンチを脱することも可能です。それでも日雇いの仕事でない限り、働いたお金を直ぐに貰うことは難しいでしょう。

今すぐ足りない生活費を補てんしたい時、やはり「どこかで借りる」ということが最も早く、確実にお金を工面する方法と言えると思います。
それでも一口に「借りる」と言っても、その借入先はいくつかあります。

金融機関で足りない生活費を借りる

足りない生活費を借りる場合、その金額は100万円などの高額ではなく、数万円~30万円程度であることが多いのではないかと思います。

この範囲の金額ならば、消費者金融や銀行のカードローン、クレジットカードのキャッシングが便利です。その理由は、申込みから借入れまでの時間が短く、今すぐお金を借りたいという時にも、即日融資で対応してもらえる場合があるからです。

消費者金融のカードローン

一般的には、消費者金融の方が銀行よりも審査は迅速であり、その後の手続きの流れもスムーズに進み、その結果、振込み・ATMキャッシング(自動契約機でカードを即日発行する)のどちらの方法でも最短で即日融資が可能となっています。
もっとも、金利は消費者金融の方が高いので、銀行の方が利息は安く済みます。

それでも消費者金融の中には、プロミスやアコム、ノーローンで無利息期間を利用できるサービスがあるので、一定期間は利息ナシで借りることができます。
ただし、プロミスではメルアド登録、Web明細利用という条件があり、アコムでは35日ごとの返済期日が条件となっています。

無利息となる期間は、プロミスとアコムでは初めの30日間、ノーローンでは条件次第で何度でも1週間無利息となっています。

銀行カードローン

一方、銀行カードローンでも即日融資が可能になっている場合もあります。自動契約機を利用することで当日中にカードを発行できる場合もあります。特に今日中に生活費を借りたいという場合は、振込みよりもこちらの方法がオススメとなります。

もちろん振込みにより当日中に借りられる銀行もありますが、平日14時までに手続きが完了していることが条件となります。

ただし、なかにはその銀行で口座を持っていることを即日融資の条件としている場合もあります。審査時間については最短で2日ほど掛かる銀行もあります。さらに、消費者金融の審査よりも一般的に厳しい傾向にあります。

銀行カードローンの金利は、消費者金融よりも低くなっていて、最大で4%ほどの開きがあり、このことが最大のメリットであると言えます。

専業主婦の借入れ

現在消費者金融では2010年に導入された総量規制により、収入のない専業主婦がお金を借りることは原則できなくなっています。年収の1/3以下までが借入れ総額の限度となっているため、収入が無い方は主婦に限らず借りることはできません。

それでも総量規制の対象外となっている場合では、収入がない方でも借りられる可能性はあります。銀行カードローンはその1つとなっていて、銀行によっては専業主婦の方の借入れについて、旦那さんに安定した収入があれば可能とHPで明記している場合もあります。
旦那さんに内緒でお金を借りたい場合もあると思いますので、専業主婦でも借入れ可能な銀行を利用すれば、生活費が足りない場合でも急場をしのぐことができます。

新生銀行カードローン レイク

金利面ではおトクとなる銀行カードローンですが、そのなかでもレイクは銀行のなかで唯一無利息サービスを実施しています。

現在、レイクは新生銀行カードローンの商品となっているので、消費者金融ではなく銀行になっています。
金利については、4.5~18.0%と消費者金融と同水準となっていますが、無利息サービスがあるので、初めてレイクを利用する場合には利息を節約できます。

レイクには2つの無利息期間があります。「30日間無利息」、「180日間無利息(5万円まで)」のどちらか一方だけ利用できます。無利息期間の選択はレイクのHP内に無利息期間の選択をするためのシミュレーションが用意されているので、借りたい金額と返済期間により確認することができます。

クレジットカードのキャッシング

生活費が足りない時、最も早く借りられるキャッシングとして、クレジットカードのキャッシングはオススメです。ただし、クレジットカードにキャッシング枠が設定されていない場合はキャッシングを利用できません。

収入のある方がクレジットカードを申込み場合、大抵の場合にはキャッシング枠を付けることができると思います。

消費者金融や銀行のカードローンと違う点は、既にカードが手元にあるので、生活費に困った時に借入枠の残高に余裕があれば、申込みなしでキャッシングできることです。いざという時に便利なので、キャッシング枠を増額しておくと良いかも知れませんが、この場合にも総量規制の影響を受けるために、借入枠の増額には限界があります。

また、クレジットカードによっては年会費が掛かる場合もありますが、その分特典を利用できる、キャッシュバックが受けられる、ポイントが貯まるなどのサービスもついているので、ショッピング利用ができることを含め、キャッシング専用カードよりも便利に使えるようになっています。

またクレジットカードのキャッシング枠があれば、他のカードを申込む必要がないので、何枚もカードを持たなくても良い、ローンカードを持たずに済むというメリットもあります。

カードローン・キャッシングのまとめ

以上の様に、消費者金融や銀行のカードローン、クレジットカードのキャッシングには、一長一短という部分もあり、利用する場合にはいろいろな要素の中で何を一番重視するかによって選択すると良いでしょう。

《消費者金融のカードローンを利用するなら》
  • どうしても今日中に借りたい
  • 少額のお金を借りる場合
  • 無利息サービスの利用をしたい
《銀行系カードローンを利用するなら》
  • 借入金額が多い場合
  • 金利にこだわりたい
  • 専業主婦だけど借りたい
  • 無利息で借りたい(レイクorプロミスを利用)
《クレジットカードのキャッシングを利用するなら》
  • とにかく今すぐ借りたい
  • キャッシングの申込みが面倒
  • ローンカードを持ちたくない
  • クレジットカード1枚だけで良い(カードの枚数を増やしたくない)
「どこでお金を借りよう・・・」と考えている方へ。

dokodekariru

全国どこからでも24時間365日申込を受付けているフリーキャッシングをご存知ですか?

当サイトが実力ナンバーワンの借入先としてオススメしているのがプロミスです。

借り入れができるかどうかの3秒診断が「無記名で可能」ですから、借り入れができることを確認してから正式に申し込みでも大丈夫です。

お手持ちのスマホやパソコンから診断できるので、まずは簡単3秒診断だけでもしてみてはどうでしょうか?

◎→プロミスの無記名3秒診断はコチラ

プロミスは、テレビのCMなどをしている大手のサービスで、実は、銀行などから借りるよりもお金を借りるまでの時間が短いケースも多いのです。(※最短1時間融資です

まずは、事前診断だけでもしてみることをオススメしています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ